慰謝料請求(内容証明)

「不倫,浮気でお悩みの方、ご相談下さい」

 

裁判をしなくても、慰謝料請求は可能です!

慰謝料の請求の仕方は様々です。自身で直接相手に会って請求、自身が作成した文書で請求、裁判で請求、行政書士に内容証明を作成してもらい請求、

弁護士に相談などがあります。当事務所ではお客様のご意向を書面にし内容証明による慰謝料請求のお手伝いをさせていただきます。

  

内容証明で慰謝料請求、相手は支払いに応じるのか?

仮に内容証明で300万円を請求しても、すんなり支払うケースは少ないです。しかし行政書士の職印入りの内容証明が届くことにより相手はどう思うでしょう。

こちらの本気度を察知し色々なことが頭をよぎると思います。この慰謝料請求を無視したら、弁護士に依頼して訴訟をおこすのではないか・・・  

そうしたらどれくらい費用がかかるか・・・ 裁判になったら仕事はどうなるんだろう・・・

とにかく不安な気持ちでいっぱいになると思います。また、普通の人であれば裁判を起こされたくはないと思うのが当然です。

現実に当事務所で内容証明を作成し慰謝料請求をした場合、無視をする方は少なく、ほとんどのケースでなんらかの返答はあります。(減額交渉等)

つまり、内容証明を作成し慰謝料請求をすることは、こちらの強い意志を示すとともに、相手を交渉の土俵に引きずりこむことが目的なのです。

当然、相手方も専門家に相談するなり、インターネットや書籍で色々調べることでしょう。こちらが、あまりにも相場に反した慰謝料を請求しないかぎり、裁判で戦う気にはならないでしょう。

相手が交渉の土俵にのれば、話しがまとまる確率は大きく上がります。

  

確実な証拠がなければ慰謝料はもらえないのか?

よくお客様から確実な証拠がなければ、慰謝料請求できないのですか?とのご質問を受けます。確かに、確実な証拠があったほうが裁判では有利だと思います。しかし確実な証拠があったからとして慰謝料の認定額が大きく上がることはありませんし、確実な証拠を集めるには、探偵や興信所を利用し高額な費用が発生する場合もあります。まずは、探偵や興信所に依頼をする前に当事務所にご連絡を下さい。


慰謝料請求をされてお困りの方

慰謝料減額(回答書作成)の詳細

  

不倫慰謝料の相場

慰謝料の算定にあたり考慮される事項

 婚姻期間、不倫の期間や頻度、婚姻関係があることを知っていたか、浮気が原因で離婚になった、収入や社会的地位など総合的に判断し算出されます。

周りからの話しやインターネット等の情報だけでは、実際に慰謝料をどの程度貰えるかを判断するのは難しいと思います。まずは、専門家に事情を説明した上で、ご自身が請求する額を決めることが早期解決の近道になるのではと考えます。

現実といたしましては、判例によると100万円~200万円が多く、悪質であったり、特段の事情があった場合などで300万円~500万円といった高額な慰謝料請求が認められたケースもあります。

  

不倫慰謝料請求プランについて

 内容証明原案作成プラン   報酬額:15,500円(税抜)

(プランの内容)

費用を極力掛けたくはないが、しっかりとした文案の内容証明を作成したい方向けのプランです。

※他のプランと原案の内容は同じですが、郵送手続きはご自身で行っていただきます。

  

(サービス内容)
・お客様との請求内容のお打ち合わせ
・内容証明の原案を作成します。

  

内容証明請求プラン   報酬額:19,500円(税抜)

(プランの内容)

お忙しい方や、行政書士の職印入り内容証明をご希望される方向けのプランです。

  

(サービス内容)
・お客様との請求内容のお打ち合わせ
・内容証明の原案を作成します。
・作成代理人として行政書士名、職印が入ります
・郵送はこちらで行います。(郵送代別約1,800が別途掛かります。)

  

※紛争状態にある案件等、弁護士法及びその他の法令に接触する恐れがある場合は業務の委託をお受けできませんので、予めご了承下さい。


▲ページの先頭へ戻る